deadairspace

RSS

687 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2011/01/28(金) 21:26:14 ID:fNdpFoO4
昼休みの社員食堂でお隣のテーブルに座った40〜50歳のおねぇさん達が
プロポーズの言葉は何だったか披露しあっていた
A「わたし、他に付き合っている人がいたのよ」
BC「えー、二股?」
A「そういう言い方もある?」
B「で、何で旦那さまに決めたの」
A「『僕といるといつも明るくいられます。月のない夜でも照らしてあげられます』って」
Bは爆笑、Cは「どういう事?」
A「あ、うちの主人禿げてるの。当時は若禿ね」
C大笑い
C「それがプロポーズ???」
A「そうなの。もう一人の人は主人よりも教養があって背も高かったけれどユーモアのある人じゃなかったもの。
長い時間過ごすなら面白い人といたほうがいいとおもってクラっとよろめいてしまった」
B「明るい禿だ」
A「最近は明るいどころかサングラスが必要よ。眩しい位」

きゃっきゃうふうふしていて可愛かった。

- あなたの心がなごむとき〜第59章 (via eternityscape)

新職場にて「自分がどのように成長したいと思ってるか、またそのためにどんな努力をする予定か」という計画を提出しなきゃいけないんだけど、お金をいただく身でありながら申し訳ないんだけど、今の私は毎日元気に暮らす以上のことはあんまり望んでいない

- 33さんはTwitterを使っています (via chptr22)

人間の体は絶えずどこかが毀れている、そしてそれを、絶えずどこかで治している。毀したり治したりしながら生きているのである。だから、治っているから健康であるとか、毀れているから病気であるとかの区別はつけられない。

- Twitter / nharuchikabot (via yellowblog)

with-grace-and-guts:

Tiffany Mitchell // Offbeat + Inspired

with-grace-and-guts:

Tiffany Mitchell // Offbeat + Inspired

(Source: instagram.com)

(Source: sandmann1942)

ラップはサランラップかクレラップ以外を買うと後悔する

- 某100円ショップでバイトしていたが絶対に買うなランキングベスト5を発表する【働くモノニュース : 人生VIP職人ブログwww】 (via dokuroou)

学ぶ側の「無垢さ」、師の教えることは何でも吸収しますという「開放性」、それが「師をその気にさせる」ための力であり、弟子の構えです

- 街場の読書論 / 内田 樹 - 電子書籍 名言まとめ (via rokuroku)

ホウレンソウは上司から部下に行う


僕の狭い観測範囲で昔の尊敬する上司とか、
TVのプロフェッショナルや情熱大陸で見た
名プロデューサー、編集者、社長、ディレクターなんかの
共通点なんですが、みんな自分から細かい連絡を取りに行ってるんですね。

立場は上だから黙って報告を受ける側にまわってもいいのに、
自分から毎日進捗を伺いに連絡をとる。
任せたからといってほったらかしにしないんですよね。

それがあまりプレッシャーにならないよう、
ただの雑談に混ぜる人もいますし、
そこからそれとなく問題点を引き出したりするのはやはりうまいです。

なんでそういうやり方にたどり着いたのかわかりませんが、*2

部下は良い状態になるまで絶対報告してこない

という気持ちは僕自身にもすごくよくわかる心理なので、
それを踏まえると、このやり方は見習うところがあると思います。

- 部下がホウレンソウをしない理由 - teruyastarはかく語りき (via mysmn)

18世紀末までは統計を見せるのは表しかなかったのを知っていますか。それを変えたのが、スコットランドのエンジニア・数学者であるウイリアム・プレイフェアです。彼は、地図とは緯度と経度からなる二次元の座標の連続に他ならないと見抜いた。そして、その座標のしくみを年度と収穫高など、他の要素にあてはまればいいのだと気づいた。この洞察力のおかげで棒グラフが生まれたのです。

- インフォグラフィックスはデータを”読める化”する (1/5) | Telescope Magazine (via ninonbooks)